jiigのREDOブログ

やったことや考えたことなどを不定期に書き残していきます

Amazon Echo開封の儀@モーテル

Amazon Echo開封の儀です。といっても、昨年の末の話を今さら記事にします。

仕事でシリコンバレーに出張したので、ついでにBEST BUYとゆー家電量販店に突撃し、買っちゃいました。

 

f:id:jiig999:20171026184909j:image

 

どーん。Echo Dotなのでわりとコンパクトですね。49ドルぐらいだったと思います。

ホテルというか、モーテルに戻り、ワクワクドキドキの開封タイムです。

 

f:id:jiig999:20171026185156j:image

パカッと開けて

 

 

f:id:jiig999:20171026185222j:image

ズズズっと内側のケースを引き出して、

 

f:id:jiig999:20171026185242j:image

中身はこんな感じでした。

本体、USBケーブル、電源アダプタと簡単な説明書です。

セットアップはスマホアプリもしくはWi-Fi使えるPCから行います。

 

このあたりのセットアップのシーケンスも非常に良く出来ていて、勉強になりました。

簡単にいうと、スマホアプリもしくはブラウザからEcho自身のWi-Fiに接続し、セットアップをしていきます。

Wi-Fiでつなぐと、アプリとかブラウザの画面が勝手に切り替わって、次にやることの手順をイラスト入りで教えてくれる感じですね。

Wi-Fiで接続したあと、NEXTをクリックしてください」なんて言わないです。つながったことを検知して、自動で画面遷移してくれます。このあたりの細かい気配りがUXを高めますね。

(写真撮っていたはずですが、どこかに埋もれてしまった、、、)

 

Amazon Echoセットアップで苦労したところ

  • 当時(2017/10 現在もですが)、Amazon Echoは日本対応していなかったので、日本のAmazonアカウントだと動きませんでした。なので、USアカウントを作る必要がありました。
  • さらに、iPhoneのapp日本版ストアにはalexaアプリは公開されていないので、USストアからインストールしました。そのために、US用のAppleアカウントを新しくつくり、ストアのアカウントをそちらに切り替えてインストールする必要があります。
  • さらにさらに、iPhoneのalexaアプリは、Amazonアプリがインストールされていると、自動的にそちらのアカウントを使おうとします。なので、alexaアプリをセットアップするときは、一時的にAmazonアプリをアンインストールしておく必要があります。
  • じぶんの英語の発音が悪く、なかなか反応してもらえませんでした。ちなみに、どんどん学習データがたまっているのか、最近は日本人的なカタカナ発音にもわりと反応してくれるようになった気がします。